堀池美由紀オフィシャルサイト

EAT LAUGH LOVE

【イベント情報】2018年10・11月料理教室「台湾料理」

約 2 分
【イベント情報】2018年10・11月料理教室「台湾料理」

2018年10月11月のテーマは台湾料理でした。この年の7月に家族で初台湾旅行に行ってきました。名目は、主人の台湾系アメリカ人のお友達ご一家の帰省に合わせて、一緒に子供たち同士を引き合わせるーというものでした。ボストンの典型的な白人奥様と、台湾生まれアメリカ育ちのご主人。

約束の日はあいにくバケツをひっくり返したかのような大雨。台風も来ているということで、室内大型遊具で子供たちを遊ばせた後、お目当てのレストランに行くはずが早々に店じまいとのこと。

「ビュッフェでいい?」の問いに、「もちろん!」でも正直、お味はまったく期待していませんでした…。連れて行って頂いたのは、デザイナーズホテル。雨ににじむ高層の夜景をみながら、ものすごく豪華で味の美味しいビュッフェ!お肉はあらゆる部位が、美しくカットされて、シェフにオーダーする方式。お寿司は目の前でやはりシェフが握ります。子どもたちに人気は、南国のありとあらゆる生のフルーツを、その場でミキサーにかけてジュースにしてくれるジューススタンド。目が点になる経験とはこういうこと。

翌日は、いつもの、ホテル前の一皿200円程度でお腹いっぱいになるラーメンや丼に戻りました。こちらもまた美味、堪能、大満足。

いろいろな台湾。奥の深い台所を垣間見られた旅行でした。

そんな旅の味を、再現したくて、考えたメニューです。ワインは中華には鉄板のロゼを。フランスのオリガミロゼをペアリング致しました。たくさんの皆様のお越し、本当にありがとうございました。

 

メニュー

  • ピータン豆腐
  • トマトとじゃがいものすり流し または きのこのピリ辛ニラスープ

  • リャンバン茄子

  • 海老ニラ饅

  • ルーロー飯

  • 豆花

About The Writer

堀池 美由紀
「ル・コルドン・ブルー」ロンドン校を主席卒業。

海外の料理を、日本の食卓に落とし込んで、近所のスーパーで手に入る食材でアレンジして再現するのが得意。「普通の主婦が誰でも再現出来る味」をモットーに、美しい盛り付けやシンプルなレシピには定評がある。
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA